1. 出会い系被害・トラブルの予防と対策
  2. トラブル・被害の実例から学ぶ対処法
  3. 詐欺サイトによる高額な料金搾取

詐欺サイトによる高額な料金搾取

相談内容

助けてください。
サイトで知り合った男性とメールをしていたんですが、そこはお金を払ってポイントを買って個人情報を交換できる(要するに多大な金額を払わないと直メできない)。
いろんなからくりがあって暗号の通知や10分間のみマスキングをはずします、みたいのがあって3度失敗してしまい結局交換はできないまま。
相手が私の分を代理負担してくれて50万払っています。
自分の分も含めて100万は払っているということです。
3度失敗してしまい、その都度私からも払って、20万以上払いました。
もぅ怖くてその方と終わりにしたいのです。
そしたらまとめて50万払わないと警察に行って、ダメなら個人的に訴えるとまで言っていてものすごく恐怖を感じています。
サイトには保険証の写メはしました。
男性は私個人のことは何も知らないはずです。
でも警察に行けばすぐにわかると言われました。
サイトに泣きついても、個人的に解決してくださいの一点張り。

助けてください。
払わないで済む方法はありますか?
そして、本当に警察や裁判沙汰になるんでしょうか?
裁判を起こせば500万くらいになるぞ、とも言われました。

こういう窓口なんかに相談なんかしたら、サクラですよって言うに決まってるだろ。の一点張り。
こういう窓口はきちんとした先生方なんですよね?
何もかも信じられなくて。

死ぬしかありません、助けてください。(相談者:女性

対処法とアドバイス

このケースは、女性を相手に詐欺行為をはたらくサクラ出会い系による被害です。問題は、女性がまったく相手男性についてサクラの可能性を疑っていないということと、あまりにも不当なシステムにも関わらずその点を疑わずにサイトの言うがままに高額な料金を支払っていることにあります。また、保険証の写メを送信してしまっていることから住所などもわれている可能性があり今後更なる詐欺の被害に遭う可能性も捨てきれず大変危険性の高い状況にあります。

こうしたケースでは、まず一番初めに行うこととしてサイト側との連絡を一切絶ち、弁護士など専門家に速やかに相談するということが重要です。過去にも、女性のサクラ被害者複数が原告となってこうした悪質な行為をはたらく運営業者を訴え被害の回復を図った事例がありますので、すでに支払った金額も諦めずに法的手段にうったえて闘うことが重要です。

被害・トラブル回避のコツ

そして、何よりも被害に遭わないために、こうした高額な料金がかかるようなサイトは使用しないということ、そして男性が金銭を負担しているなどという場合は確実に相手がサクラであるということをしっかりと認識しておかなくてはいけません。悪質な詐欺行為を行う業者が多い出会い系サイトに関しては無知でいることが何よりも被害に巻き込まれるリスクを高める要素になってしまうので事前の情報収集が非常に大切です。

無料相談窓口


おすすめ出会い系サイト
ワクワクメール
ワクワクメール

出会い系で最も安全性が高く、女性と出会える確率が高いおすすめサイトです。援デリなどの悪質業者が少ないので、会える本物の女性を見分けやすいのが最大の特徴。サクラがいなくて業者も少ないので無駄にポイントを使わずに簡単に出会えます。

ハッピーメール
ハッピーメール

サクラがいない安全な出会い系サイト。ほぼ確実に出会うことができます。大人の出会いもまじめな出会いもできるのでどんな目的で利用しても出会える可能性が非常に高いサイトです。今最も注目度と出会える度の高い優良サイトです。

Yahoo!ブックマーク
Googleブックマーク
はてなブックマーク
livedoorClip
del.icio.us
newsing
FC2
ニフティクリップ
iza
Flog
Buzzurl

トラブル・被害の実例から学ぶ対処法

出会い系の被害対策

登録前

正しい知識を身につける
無料サイト
ポイント制サイト
定額制サイト
サクラの存在
関連法律
サイト選びのポイント
サイト名で事前審査
利用規約を確認
問い合わせ窓口の有無
会社概要
届出の有無
口コミや評判を参考にする

登録後

サクラ対策・見極め方
ニックネームにひと工夫
女性からのメールを怪しむ
逆援のメールや書き込みは無視
地方ネタの会話を駆使
10回以内のメールで見極める
出会い系に潜むワナ
無料サイトのワナ①『同時登録』
無料サイトのワナ②『誘導登録』
有料サイトのワナ①『登録無料』
有料サイトのワナ②『自動後払い』
有料サイトのワナ③『入金のススメ』

被害に遭った場合

トラブル別対策
登録・退会時のトラブル
会員とのトラブル
料金・請求関連のトラブル
実例から学ぶトラブル対処法
専門家・公共機関に相談
弁護士
警察
国民生活センター
迷惑メール相談センター
トラブル問診相談(当サイト提供)

モバイル版

モバイル版